アフィリエイト ブログ

【2022年版まとめ】流行りのSNSを使って稼ぐ方法と始め方

SNS、Instagram

SNSは今ではやっていない人を探す方が難しいほどに普及しており、何かしらのSNSをほとんどの人が使っています。

それだけ需要がある中でSNSを使って稼ぎたいと思う方も増えてきています。

ここではSNSで稼ぎを上げていく方法と始め方を紹介してきます。

全てのSNSは紹介しきれないので、ここでは今最も有名な3つのサービスに関して解説していきます。

紹介する稼げるSNS

  • Twitter
  • Instagram
  • TikTok

SNSで稼ぐ方法

SNSで稼ぐためにはまずSNS内の収益化のシステムを知る必要があります。

各SNSで共通する部分はありますが、全体的には異なります。

広告収入(企業PR)投げ銭写真販売ショップアフィリエイト
Twitter×××〇(外部)
Instagram〇(外部)
TikTok××〇(外部)

 

収益化の仕組みと種類

SNSの収益化で一番大事になるのはフォロアー数です。

如何に多くの人に見てもらえるかがとても重要です、個人で行うのであれば自身の知名度がそのまま報酬に繋がります。知名度が高いということは信頼性も同時に高く感じさせることが出来ます。

フォロアー数100人の人と、フォロアー数10万人の人あれば後者の方が圧倒的に収益を上げることが出来ます。

広告収入

SNS内の広告収入とは、企業案件を扱うことでの広告収入です。

広告の掲載は誰でもできるわけではなく、ある程度のフォロアーが確保できているユーザーに企業側から依頼がきて初めて広告を掲載することが出来ます。

今からSNSを始めようとするには少しハードルが高いですが、すでにある程度のフォロアーが確保できているのであれば更にフォロアーを増やし企業案件を狙っていくことも可能です。

SNS内の広告収入の一番の問題点はこちらからアクションを起こすことが出来ない事です。

始めたいと思っても一定のハードルを越えている必要があり、更に企業から声が掛からないとダメです。そのため狙って広告収入を得るのは実際難しいです。

投げ銭

投げ銭の機能はここで紹介しているすべてのSNSで実施されています。

Twitter以外はすべてライブ配信中でに限定されます、投げ銭機能に関してもフォロアー数が重要になってきます。ライブ配信を見てくれる人が多ければそれだけ稼げる可能性は高くなります。更に、ライブを見ている年齢層や職業層なども収益に影響します。

ある程度お金を持っている層を集めることで収益を上げることが出来ます。

写真販売・ショップ

こちらはInstagram限定で行える機能です。

写真販売は単価は安いもの自分の趣味の延長で収入を得ることが出来ます。ショップ機能はネットショップと同じようにInstagram内で商品の購入が出来る機能であり、ライブや日々の投稿からショップへと誘導し収益に繋げていきます。

Twitter

Twitter

収益の種類

  • アフィリエイト(外部ブログ)
  • 投げ銭(Tips)
  • チケット制スペース

Tipsとは

Tipsは、応援したいアカウントに直接送金できる“投げ銭”(チップ)機能。チップを受けたいユーザーはプロフィールにTipsアイコンを追加できる。そのユーザーを支援したいフォロワーなどのユーザーは、このアイコンをタップすることで現金あるいは暗号資産のビットコインで投げ銭できる。Twitterは手数料をとらない。

設定できるようになると、[プロフィール]→[プロフィールを編集]の「生年月日」の下に「Tips」の設定項目が表示されるようになる。初期設定は「オフ」なので、これをタップして「一般収益化ポリシー」に同意し、あとは指示どおり決済サービスを選択したり名前を追加したりしていく。

チケット制スペースとは

チケット制のイベントを企画し、収益を得る方法です。

ワークショップ、会話、交流イベントを主催することができます。

今後

スーパーフォローとは

Youtubeのメンバー機能と似た機能です。アメリカでは既に実施されていますが日本ではまだ未実施です。

スーパーフォローを行う事でお得な限定情報を入手出来たり限定コンテンツにアクセス出来たり特典を受けることが出来ます。

Instagram

SNS、Instagram

収益の種類

  • 投げ銭(インスタライブ中)
  • アフィリエイト(外部ブログ)
  • 広告収入(企業PR)
  • 写真販売(外部サイト利用)
  • ショップ

写真販売も外部サイトを利用する事になります、その為Instagram内で写真を宣伝し別サイトで購入という形になります。

Instagram内でもアフィリエイトを扱えるようになりました。afbでもInstagramで扱えるアフィリエイト案件を掲載しているので、Instagramでアフィリエイトを考えている人はafbに登録すると公式の解説もある為分かりやすいと思います。

TikTok

SNS、tiktok

収益の種類

  • 投げ銭(TikTokライブ中)
  • 広告収入(企業PR)
  • アフィリエイト(外部ブログ)

 

もっと詳しく

SNSは稼ぐ方法

SNSで直接稼ぎを上げていく事も可能ではありますが、多くの場合SNSだけでなく外部のブログやYoutubeに誘導する事で大きく報酬を上げています。

外部ブログの場合はSNSである程度集客が出来ているのでブログへの流入も期待できるためすぐにもで報酬を得る事が出来ると思います。

Youtubeの場合は収益化に関して条件が設定されているため、まずは収益化の条件をクリアする事を目標とする必要があります。

Youtubeを収益化

Youtubeの収益かは最低条件が厳しく設定されています。

Youtube収益化条件

  • チャンネル登録者 1000名以上
  • 年間再生数 4000時間以上

上記条件を達成して始めて収益化が可能です。

まとめ

SNSだけで稼ぐ事は不可能ではありませんが、外部への誘導を行った方が報酬としても上げやすくなります。

SNSのフォロアー数を増やすことは大切ではありますが、如何に収入に繋げるかが問題になってきています。今後SNSで稼ぐことが出来る仕組みが別で出来てくる可能性もあります。

副業で何かしらの稼ぎを上げていくのであれば、SNSでの活動は重要になってきます。同時に収入を得るための外部の受け皿を用意することが報酬額を上げるポイントとなってきます。

ブログとYoutubeどっちが稼げる?収益性-参入のしやすさ比較

-アフィリエイト, ブログ