副業

スロッターに向けたFX仕組み解説【FXとスロットは似ている】

スロット

これからFXを始めていきたいと思っている人でスロットをある程度理解している人向けの記事になります。

FX、投資は知識のない人からしたらとても難しく思えるかもしれませんが、スロットを普段から考えて打っているは似たような部分がある為理解しやすいです。

FXの仕組み

FXの勝ち負け

FXとは為替取引であり、特定通貨の値が上がるか、下がるかを予測するゲームだと思ってください。

上がると思って通貨を購入し上がればその時点で利益が出ます。

そのまま上がり続ければ利益は増えますが、最初に購入した金額を下回れば損失になります。

これをスロットに例えると、

10000円持っている状態で5000円投資でボーナスを引き、6000円(300枚)を獲得しました。ここでやめれば1000円のプラスです。

更に打ち続ければ更に増えるかもしれませんが、飲まれてしまい10000円全てを投資してしまうかもしれません。

これを繰り返して投資額から利益を上げていきます。

スロットとの違い

スロットの場合はレートがほぼ固定です。自分で変える事は出来ません。FXの場合は自分でレートを変えることが出来ます。

同じ通貨でも1000円分の売買と10万円分の売買では利益の出方は大きく変わってきます。

ちなみにFXでマイナスになるかとは基本的にはありません。スロットに行ったとしても財布に入っているお金以上マイナスになることないのと同じですね。

スロットもFXも狙いやすいポイントがある

スロットにもゾーンや天井があるように、FXにも狙いやすいポイントがあります。

これもスロットと同じように知識や情報がとても大事になってきます。

打ちたい時に打ちたい台に適当に座って負けてしまう、打ちたい気持ちを抑えて期待値の高いポイントだけを狙って打つのと同じようにFXでも値動きのポイントを狙って勝ちやすいポイントを狙って売買を行います。

必要な知識量がFXの方が格段に多くありますが、期待値を考えて勝負をするのは同じですね。

スロットと同じようにやめ時もとても重要です。利益が出たとしてもそのまま継続するかの見極めはとても大事です。やめた後に他の人が座って更にボーナスを引き続けられるなんて事と近い事も体験できます。(体験したくはない)

逆にやめ時を見失って利益を失い更に投資してしまう場合もあります。

投資はギャンブルとも考えられる

FXはギャンブルとしても考えられます。

トレーダーなんて言いますが、スロッターと変わりがないとも考えられます。

しいて言ううのであれば、FXは政治や世界情勢などにも影響を受ける為色々な知識が必要ではあります。ですが結局の所「半か長か」に帰結します。

難しいことを考えながらやる事も出来るし、何も知識がなくても適当にやって利益を生む可能性もあります、これもスロットと同じです。知識があれば絶対に勝てるわけではありませんし。負ける確率を減らしつつ勝率を上げていく事が大事ですよね。

安定して勝てるようになって来れば、それはギャンブルではなく投資に代わってくるんだと思います。何よりも捉え方の問題ですからね。

FXは簡単に始められる

スロットに飽きてきている人は実際に一回試してみる事をオススメします。

FXを始める場合、最初に登録すると2,3万円キャッシュバックがあるので、キャッシュバック分で興味がなければやめれるのでお試しはやりやすいと思います。DMMだと最大20万円キャッシュバックがある為、投資を抑えつつキャッシュバック分である程度体験することができます。

FXの会社は多数ありますが、出来るだけ大手を選ぶことをお勧めします。無名の企業の場合だと支払いが遅れたり上手く出来ていなかったりと不備がある可能性があるので大手を使っておけば間違いないです。

選んだ会社ごとに細かい違いはありますが、キャッシュバック内で投資を行うのであればキャッシュバック分がなくなった時点で他の会社に乗り換えるのも投資額を抑える賢い立ち回りです。

ただスロットと違ってレートが高くなりがちなので注意しましょう。

ココがおすすめ

まとめ

スロットとFXは似ている部分が多いため、スロットを普段から打っている人には理解しやすい感じになっています。

スロット業界も低迷している事もあり、この機会に新しい事を始めてみるのも楽しいかもしれません。まだ投資を経験したいことがない人は是非この機会に始めてもらえればと思います。


-副業