ブログ

ブログジャンルが決まらない!正しいジャンルの選び方と特化への方法

ブログを始めたけど記事を書こうと思うとどういうジャンルで書けばいいの分からない。

確かにブログを始めるのであれば何かに特化したブログを作りたいと思いますよね。特化ブログの方が稼ぎやすいって情報も多数出ていますからね。

結論から言うと、ジャンル選びに時間をかけるのであれば少しでも記事を書いたほうが良いです。ジャンルは後からでも特化することは出来ます。最初に決めたジャンルから変えてはいけないというルールもありません。

それでもジャンル選びに拘る人は記事を書きつつジャンルを特化していくブログの進め方を紹介していきます。

ジャンル選びの最重要ポイント

興味のあるジャンルを選ぶことです。

興味のないジャンルでブログを続けるの難しいです。

自分が持っている知識や趣味などの派生でブログを書くことが一番良い記事を作成することが出来ます。ブログは個性的な物の方が評価される傾向があります。ただのコピーライティングではなく自身の言葉で書くことが重要視されています。

稼げるジャンルは選ばない

ただ稼ぎたいのであれば稼げるジャンルを選ぶ、というのは悪手です。稼げるジャンルは競合が多数存在している可能性が大。

稼げるジャンルは質の高い記事を書けたとしても上位表示されることが非常に難しいです。稼げるジャンルを多くの人が選ぶため記事数も多く、質の高い記事も多数存在します。

もし、稼げるジャンルが自分の知識や技術を生かせるのであれば悪くはありませんが、それでも最初は特にお勧めしません。記事の質だけでは競合とは戦う事は難しい。

AFFINGER5

ジャンル選びに拘らない

ブログ運営に関わらず何かに拘ることは大切ですが、拘り過ぎて完璧を求めすぎて先に進めなくては意味がありません。

初心者こそ考えすぎてしまう傾向にあります、最初は何も考えずに書きやすい記事を書いていく事が大切です。

記事を複数書くことで得られるスキルもあります。

特化ブログが稼げるという情報が多く出回っている影響かもしれませんが、何かに特化させたブログを作成したいと考えてジャンル選びをする人が多くいます。

実際に特化できるジャンルがある人はここでは悩みません。

悩むのは特化ブログを運営出来るだけの知識がないからです。そうであれば特化ブログに拘らず雑記ブログでスタートし徐々に記事の内容を絞っていけば自然と特化ブログになっていきます。

稼ぐことに拘り過ぎない

売れる案系がないから記事を書かない事は確かに稼ぐために効率のよい手段のように思われるかもしれませんが、間違っています。

確かに効率よく稼ぐことが出来るのであれば問題ありませんが、まだ始めたばかりの人が効率を求めて逆に収益を落とすことになります。

収入効率が悪いということはライバルが少ない事を意味します、売れる案件がないキーワードでもアドセンスなどを活用し収益を上げる方法も存在します。

ASPサイトで案件を探すことも大事ですが、先ずは記事を書く事を優先しましょう。

ココがおすすめ

稼ぐならアクセスを集める

初心者はまずアドセンスやAmazonアソシエイトで稼ぐことを意識して方が稼げます。

ASPサイトの案件も同時に扱うのもありですが、まずはアクセスを多数集める事を意識した方が今後に繋がります。

少ない記事数でも稼げますが、上級者向けです。SEO対策など諸々対策が出来ている始めて可能になります。知識がない内は非常に難しく少ない記事で稼ぐよりも、多数の記事で稼ぐ方が分かりやすく安定して報酬を得ることが出来ます。

アドセンスやAmazonアソシエイトはアクセス数に比例して報酬が伸びていくのでアクセス数を増やせばそれだけ報酬が増えていきます。

ココがポイント

最優先は記事を書く事

一番優先すべきは記事を記事を増やす事です。

複数記事書いてもアクセスが伸びないという声もありますが、記事数が少ないよりも多い方が確実にアクセスは集まります。

ブログ初心者の場合、記事を書くことに慣れていないため、少ない記事数でも稼げると言っている人と同じ土俵には上がれていません。

雑記ブログでも特化ブログでも最初アクセスが集まるのは特定の記事だけです、全ての記事がいきなりアクセス数が伸びる事はゼロではありませんが、あまりありません。

一つの記事のアクセスが伸び始め、他の記事と誘導されブログ全体のアクセスが伸びる流れになります。

特化ブログであればジャンルが決まっているのでアクセスが伸びた後も書く内容は変わりません。雑記ブログの場合、伸びた記事に合わせてジャンルを特化していけばいいのです。

ココがポイント

雑記ブログで始める強み

確かに特化ブログの方がサイトないのテーマが統一されているのでユーザーがサイト内を巡回しやすいというメリットはありますが、デメリットもあります。

特化したジャンルで全くアクセスが集まらなかった場合、ずっと伸び悩みます。競合が強いジャンルでは特に伸び悩みます。

雑記ブログの場合、ジャンルが定まっていない為伸びやすいジャンルの記事は伸び、伸びにくいジャンルの記事は伸びません。

最初から伸びやすいジャンルを選べは良いと思うかもしれませんが、伸びやすいジャンルが最初から分かっていればジャンル選びには悩みません。

興味があるジャンルが複数ある場合、特化ブログを複数作るという選択肢もありますが最初は一つのブログに纏める方が集客効率は良いです。

ある程度記事数が増えてきたら、複数のブログに内容を分ける事を考えれば後からでもジャンルを特化させることができます。

まとめ

ジャンル選びは重要ですが、実は最初に考えるべき項目ではありません。

最初から自然と特化ブログを作る人はジャンル選びに悩まず自然と自分の興味ある記事を書き続け気が付くと特化ブログが出来ているって人です。

初心者に重要なのはまず記事を書くことです。特化ブログを始めて各記事の内容に悩むくらいであれば自分の書きやすい内容の記事を沢山書き、スキルを磨きつつブログの方向性を考えていくことが効率よくブログ運営をスタートすることが出来ます。

AFFINGER5

-ブログ

© 2021 BLoGre.jp