ブログ

アフィリエイトを外注を活用して稼ぐ方法【クラウドソーシング】

アフィリエイトの記事の外注を行っている人は実は沢山します。

稼いでいる人ほど外注しているイメージが高いです、実は初心者にもアフィリエイト記事の外注はお勧めなんです。最初は自分で書いたほうが良いと思うかもしれませんが、自分で書きつつ外注を使う事で早い段階で収益に繋げることが出来ます。

SEO的な話になってしましますが、まずは記事数を確保する事でサイトに流入するユーザーを増やすことが大事です。記事数を増やすことでドメインパワーも上がってきます。むしろ軌道に乗ってからは自分で記事を書き進める方が良いという結論に私は達しました。

アフィリエイト記事を外注することのメリット

記事を外注する事は当然費用が掛かります、費用をかけてまで記事を外注することのメリットはなんなのでしょうか。

一番はサイト内の記事を充実させる事です。アフィリエイトは1記事だけで報酬を得られるほど簡単ではありません、記事数を増やし流入ユーザーを増やすことがとても大事です。

記事数が多い事のメリット

  • 検索流入の間口が増える
  • 見て欲しいページへの流入が増える
  • ドメインパワーが上がる

まずPV数を上げる事が出来ます。何かを売りたいと思ったとしてもお店に人が行いようであれ絶対に商品は売れません、お店に人を集めるためには記事数を増やすことはとても大事です。

Googleの検索流入からの集客をメインとするのであれば、記事の数がそのままサイトへの入口の数になります。

記事数が多くなればそれだけドメインパワーを上げる事に繋がります、ただ記事数が多ければ良いわけでありませんが質の高い記事が沢山ある記事ほどドメインパワーが上がりサイト全体の検索順位が上がります。

自分で書けばいい、と言ってしまえば終わりではありますが複数人で書くことで早い段階で記事数を増やしサイトの土台を作ることが出来ます。

外注代行は専門知識を持っている人が多いので記事を書くことを代行してもらった方が質の高い記事ができます。

ブログは3ヵ月は継続し100記事は書けと言われている理由

続きを見る

アフィリエイト記事の外注価格

記事の外注の価格は記事の文字数が単価とにあり、「1文字あたりの単価」×「文字数」+「手数料」が外注金額になります。

ここでの手数料とは、外注を出すためのクラウドソーシングに対しての手数料です。どのサイトを利用するかで手数料は異なります。

自身で記事を書けば当然無料ではありますが、自分にない知識の記事を書く時に1記事書くのにどの程度の時間が掛かるのか?あまり知識がない記事にどこまでのクオリティを出すことが出来るのか?これを天秤にかけて考えてみると良いですね。

相場は1文字1.5円~3円程度となっています。

アフィリエイト記事代行記事代行サービス

記事代行サービスはあり、自分で報酬額を決めて案件を出すことも出来ます。先に紹介した相場が高いと感じるのであれば自分が納得いく報酬額で案件を出すことも出来ます。

記事の質のこだわるのであれば、記事代行の専門サービスを利用する事をオススメします。

とりあえず記事を安く量産したいのであればクラウドソーシングで案件を出すのがお勧めですね、クラウドソーシングでは質が確実に落ちるわけではありませんが個人で仕事を受ける人がメインになるので質に関しては結構上下するイメージがあります。

こちら記事代行サービスの特徴として、WordPressでサイト運営をしている場合はWordPressのフォーマットになった状態で納品してくれます。更にキーワードの選定の代行もしてくれます。

他の記事代行サービスは文字単価2円以上となっているので価格で選ぶのであれば特にお勧めです。

おすすめアフィリエイト記事代行サービス

WITH TEAM

withteam、記事代行サービス

おすすめ度:

一文字単価が非常に安く、記事対しての費用を抑えた方に特に勧めなのがWith Teamです。

特に文字数が増えれば増えるだけ1文字の単価が安くなっていくので、ある程度内容が濃い物を扱いたい時に重宝します。タイトルや小見出し、1記事毎に文字数を指定できることはもちろん、記事数と文字数、ご依頼テーマのみを指定して、記事内容はライターお任せといった対応も可能です。

withteam、記事代行サービス

ALVO

記事代行サービス、ALVO

おすすめ度:

ライターのランクを選ぶことができ、ランクによって文字単価が異なります。

一番安い文字単価が1.5円となっており最上位になると4.5円とかなり差があります。

先に紹介したWithteamの方が単価は安くなっていますが、高ランクになるほど記事の質は上がってくるためメインとなる部分だけ高ランクのライターに発注をするなどの使い方もできる。

サポート面が充実しているのがALVOの特徴です。

発注時点から専任のコンサルタントが付いてくれるので細かい部分も詰めることが出来る為ただの投げっぱなしの記事になる事はありません。

 

アフィリエイト記事代行クラウドソーシングを活用する

おすすめ度:

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは、ネット上の不特定多数の人に仕事を依頼したり仕事を受けたり出来るサービスです。

単発の仕事から短期間の仕事など多数あり、その中にはサイトの記事を代行してもらえるような求人を出すことも出来ます。

記事代行サービスの場合は単価は決まっていますが、クラウドソーシングに自分で依頼を出す場合は単価などの報酬面を自分で設定することが出来ます。

一度利用して質の高い記事を書いてくれた人に再度依頼を出すことも出来ます。

登録は無料となっており、外注にかかる金額は、仕事に対する報酬と手数料となります。

大手オンラインお仕事マッチングサイト

自分で仕事を受けることもできます。記事の外注を出している人の条件などを参考にすることもできます。

記事代行を活用する方法

記事代行サービスを活用するにはある程度プランを考える必要があります。

記事代行サービスを使うのであれば特化ブログを運営する形となりますが、最初から記事代行サービスを使って運営を行っていくのか、又はある程度基盤となる部分を自分で作成して更新記事を記事代行サービスを活用するのかなど、使い方は色々と考えることが出来ます。

時間か費用か

記事代行サービスを活用することで時間を節約し自分は別の事に取り組むことが出来る。

費用をかけるなら自分で記事を作成する、人によって考え方は違うと思いますが本腰入れて稼ぎを上げていきたいのであれば短時間で成果を上げるための記事を量産していたのであれば代行サービスは特におすすめです。

メインとなる記事に時間をかける代わりに枠組みとなる記事を代行サービスを活用して効率よく進めることもできます。

アフィリエイト外注【まとめ】

記事の外注は以前は企業が行うもので個人ではあまり利用する機会はありませんでしたが、今ではアフィリエイターからの依頼の方が多くなってきています。

外注で全てを賄うにはそれなりの費用が必要になりますが、サイト立ち上げ時点の記事数を増やしたり、特定ジャンルの記事を増やすなどスポットで活用することが出来るので使い方次第では費用以上に多くの利益を生むことが出来ます。

1記事の発注であれば費用的にも安いので使ったことがない人も是非この機会に試してみる事をオススメします。始めてはALVOがお勧めです、サポート面が確りとしているため初心者でも始めやすくなっています。

WordPressテーマを見直してみよう

記事を増やしてもアクセスを集めることが出来ます、アクセスはある程度集まってきたけれどアフィリエイトリンクのクリックまで結びつかない。

こういった場合、サイトとして見直せる部分は少なく無料テーマの場合はプラグインで対応していく事になります。

WordPressを使う事でプラグインで手軽に良いデザインのサイトを作ることが出来るのはご存知だと思いますが、プラグインを入れる事でサイトが重くなりGoogleの評価が下がってしまう事があります。その為プラグインの導入は控えてテーマに付属するデザインでサイト運営をする事で、デザイン的にも速度的にも良くなっていきます。

無料のWordpressテーマを使っている人がいれば是非この機会に私のお勧めのWordpressを見ていってください。このサイトは全てAffingerというテーマで作られています。ちなみにデザイン系のプラグインはほぼ導入していません。表示速度もGoogleから合格を頂いています。

WordPressの無料テーマで運営を行い、得られる収益を逃し続けるのであれば、有料テーマを試してみませんか?

大きな利益の前には少しの投資も必要です。

詳しくはコチラ

試してみて

-ブログ