ASPサイト

【2022年】Amazonアソシエイトと提携出来るASPサイト一覧

Amazon、ASPサイト、アフィリエイト

Amazonアソシエイトは公式にAmazonが行っているアフィリエイトサービスですがASPサイトからもAmazonと提携することは出来ます。

Amazonアソシエイトは審査のハードルも若干高く設定されているため、作り立てのサイトは審査に落ちてしまう可能性もあります。

ここではAmazonアソシエイトと提携出来るASPサイトを紹介しつつ、Amazonアソシエイトの申請や却下された時の代案を紹介していきます。

Amazonアフィリエイトの提携可能ASPサイト一覧

バリューコマースは提携出来ますが、もしもアフィリエイトの方が全てにおいて報酬率が高いので登録するのであればもしもアフィリエイト一択です。

もしもアフィリエイト
10%Amazonビデオ(レンタル・購入)、Amazonコイン
8%Kindle本、 デジタルミュージックダウンロード、Androidアプリ、 食品&飲料、お酒、服、ファッション小物、ジュエリー、シューズ、バッグ、Amazonパントリー対象商品、SaaSストアの対象PCソフト
5%ドラッグストア・ビューティー用品、コスメ、ペット用品
4.50%Kindleデバイス、 Fireデバイス、Fire TV、 Amazon Echo
4%DIY用品、産業・研究開発用品、ベビー・マタニティ用品、スポーツ&アウトドア用品、ギフト券
3%本、文房具/オフィス用品、おもちゃ、ホビー、キッチン用品/食器、インテリア/家具/寝具、生活雑貨、手芸/画材
2%CD、DVD、ブルーレイ、ゲーム/PCソフト(含ダウンロード)、カメラ、PC、家電(含 キッチン家電、生活家電、理美容家電など)、カー用品・バイク用品、腕時計、楽器
0.50%フィギュア
0%ビデオ、Amazonフレッシュ
紹介料上限1商品1個の売上につき1000円

もしもアフィリエイトとAmazonアソシエイトの報酬額は同じです。

再訪問期間も24時間と内容は全く同じです。

Amazonアソシエイトもしもアフィリエイト
最低支払額5000円1000円
振込手数料無料無料
支払い月翌々月末翌々月末

違いがあるのは最低支払額だけです。

もしもアフィリエイトはW報酬で10%上乗せというシステムがありますが、Amazonのアフィリエイト案件は対象外となっているので注意が必要です。

もしもアフィリエイトの方が報酬が高くなると記載しているサイトもありますが、報酬額は同じです。

ブログ・アフィリエイトのジャンルで悩んでいる人は一度立ち止まって考えてみよう!
ブログ・アフィリエイトのジャンルが決まらない!選び方と進め方

Amazonアソシエイトの審査基準

Amazonアソシエイトは公式に審査基準が名言されています。

  • ある程度質の高い記事が10件以上
  • 60日以内の更新
  • Amazonへの誘導成果

一番難しいのはAmazonへの誘導成果です。

サインアップ後、一定の適格販売が発生すると、アソシエイト・チームがあなたの申請を確認します (サインアップから 180 日以内に 3 回以上の適格販売の発生が必要です)。

上記の部分ですね、これが若干ハードルとしては高いかもしれません。

Amazonアソシエイトの基準がもしもアフィリエイトも同様に掲げられています。

Amazonアソシエイト参加要件

AmazonアソシエイトとASPサイトの使い分け

基本的にはAmazonアソシエイトもASPサイトも内容は変わらない為、選ぶ必要はありませんが審査が厳しいため、Amazonアソシエイトへに登録申請が却下されてしまった場合はASPサイトを利用して申請を出すような形になるかと思います。

Amazonアソシエイトもしもアフィリエイトバリューコマースと3回はすぐにチャレンジすることが出来ます。

Amazonアソシエイトはアフィリエイトとしては定番ではありますが、私を含めAmazonアソシエイトを利用しているアフィリエイターは前から登録している人が多いです。以前は申請基準も現在ほど高くありませんでした。

年々審査の基準が高くなっているので、可能であれば早めに申請を行う事をオススメします。また更なる基準が追加される可能性もあります。

楽天市場を使う

Amazonとの提携が難しいのであれば最初は楽天市場を使う事をオススメします。

サイトの規模が小さい時にAmazonへの申請を出して却下されるのであればサイトが成長するまでは楽天市場を使いましょう。

楽天市場は基準も低いので提携しやすいです。

さらに詳しく

まとめ

Amazonの報酬率は決して高くはありませんが、Amazonのユーザー数を考えると提携したいですよね。Amazonであればユーザーは安心して商品を購入し、既に登録済のユーザーが多いためスムーズに成果に結びつきます。

絶対にAmazonアソシエイトと提携したいのであれば焦らずにサイト作りに専念していきましょう。

ASPサイト、アフィリエイト
【ジャンル別ASP一覧】おすすめアフィリエイトサービス【初心者向け】

続きを見る

-ASPサイト
-, ,