SEO対策

WordPressでサイトマップを自動作成しサーチコンソールに登録する方法

サイトマップとは

サイトマップとはサイトの全体像を分かりやすく検索エンジンに伝える地図や案内図のようなものです。

サイトマップはユーザービリティを高める為とも言われていますが、実際はGoogleに効率よく全ページをクロールさせることが一番の目的です。

Googleは外部リンクや内部リンクを辿ってページに発見し評価します。そのため新しく公開した記事は外部リンクは少なく、内部リンクも張られていない場合は発見されるのに時間が掛かります。

Googleもこう発表しています。

サイトマップを送信することは、サイトを最適化する上で重要な要素の一つです。サイトマップを送信することで、あるサイトに存在するすべての URL を検索エンジンが発見できるようになり、ページの内容が変更された時に素早くダウンロードすることが可能になります。

Googleからも正式にサイトマップの必要性について発表されており、サイトマップはSEO対策としても重要です。

AFFINGER5

サイトマップの作成方法

WordPressでサイトを運営しているのであればサイトマップの作成はプラグインを使用すれば簡単に実現することが出来ます。

Google XML Sitemapsを導入することで自動でサイトマップを更新し送信することが出来ます。

Google XML Sitemapsのメリット

  • 記事の更新、公開時に自動でサイトマップを更新
  • 更新されたサイトマップを自動で送信
  • Google推奨のプグイン

Google XML Sitemapsの導入方法

GoogleXMLSitemap

  1. プラグイン
  2. 新規追加
  3. 「GoogleXMLSitemap」で検索
  4. 今すぐインストールをクリック
  5. 有効化

上記手順でインストールすることが出来ます。似た名前のプラグインが多数出てくるので間違えないように注意しましょう。

サイトマップの送信方法と設定

GoogleXMLSitemapは有効化した時点でサイトマップは自動で作成されます。

サーチコンソールでxml形式のファイルをサイトマップとして設定する必要があります。

xmlファイルはGoogleXMLSitemapの設定画面で確認することが出来ます。

GoogleXMLSitemap

サイトマップが生成されたのを確認できましたね。

以後は記事を公開、更新をした時点で自動でサイトマップも更新されます。

後はこのサイトマップをサーチコンソールで登録すればサイトマップの登録は完了です。

サーチコンソールへの登録方法

サーチコンソール、サイトマップ

サーチコンソールの自身のサイトにアクセス後サイトマップタブから登録することが出来ます。

正しく登録されれば「成功しました」と表示されます。初回のみ登録に時間が掛かります。

まとめ

サイトマップの登録はSEO対策としても非常に重要です。

サイトの運営を始めたらまず最初に登録を行いましょう。

関連記事

 

AFFINGER5

-SEO対策

© 2021 BLoGre.jp