SEO対策

【最速】簡単に高速化できるWordPressテーマ【AFFINGER6】

PageSpeed Insights、サイト高速化、AFFINGER

サイトの高速化はSEO対策としても重要視されている項目ですが、ユーザーの離脱を防ぐためにも重要な項目と言われています。

SEO対策として、効果が出やすという事もありサイトの高速化は誰もが悩む部分です。

私はサイトの高速化は重要ではあるが時間をかけるだけ無駄だと思っています、サイト高速化の為に時間をかけるのであれば記事を書く時間に当てる方が有意義に時間を使うことが出来出ます。

WordPressはプラグインなどで様々機能を導入することができ、高速化に対してのプラグインも例外ではありません。普段は便利なプラグインですが選択肢が多く、探して試してと無駄に時間が掛かってしまいます。

ここでは、簡単に高速化できるWordpressテーマ「AFFINGER6」の紹介と合わせて「AFFINGER6」の高速化の手順を紹介していきます。

この記事と同じ設定をするだけで、上の画像のようなパフォーマンスを実現することが出来ます。

自分のサイトの速さもまずチェックしてみましょう。

サイト高速化

ここで紹介する方法は必要なWordPressプラグインは2つだけです。

WordPressのプラグインは導入すればするだけ低速になっていきます。プラグインは最小限にする事で高速化を実現できます。

プラグインを複数利用しないと高速化しないWordPressテーマは意味をなしていません、WordPressテーマで重要SEO対策が充実していない事になります。

サイト速度のチェックと評価

上記URLからGoogle公式のサイト速度チェックすることが出来、点数化してくれます。

速度点数の目安

  • 0~49(赤)⇒悪
  • 50~89(オレンジ)⇒改善が必要
  • 90~100(緑)⇒良

広告が多数貼られているような記事の場合は80点台になる事もありますが、高速化出来ているサイトは基本的90点を超えて「緑」を維持することが出来ます。

改善が必要な項目も表示されますので、原因を改善して高速化していきましょう。

AFFINGER6の高速化

アフィンガー、affinger6、WordPressテーマ

まずはAFFINGER6の設定をしていきましょう。

  • サイドバーの「AFFINGER設定」→「SEO」→ページ下部

表示速度優先を有効にするだけです。

AFFINGER6、設定

これだけWordPressテーマとしての設定は終わりです。

これだけ簡単に高速化ができるWordPressテーマは実はかなり少ないです。AFFINGER6に興味がある人は別記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

設定を変更する際の注意点

表示速度優先を有効にすると使用できなくなる機能があります。既に設定済の人は注意しましょう。

使用できなくなる主な機能

  • スライドショー機能(ショートコード含む)
  • Googleフォント・マテリアルアイコン
  • スクロール追尾広告
  • コピー機能(SNSボタン)
  • アニメーションクラス
  • カウントダウン(EX)
  • もっと読む(無限スクロール)(EX)
  • レスポンシブ(ショートコード含む記事一覧)画像の画質を上げる(EX)

WordPressプラグインの準備

ここで使うプラグインは2つだけです。

ポイント

  • EWWW Image Optimizer
  • Autoptimize

上記二つのプラグインをインストールしましょう。

プラグインは必要最小限にすべき

WordPressのプラグインは非常に便利ですが、多ければそれだけサイト速度は遅くなってしまいます。

停止中のプラグインも影響してしまう場合もあります、使っていないものは削除し常時使わないプラグインは停止するようにしましょう。

トラブルを避ける

サイト速度とは少しずれますが、WordPressは問題を引き起こす原因にもなる場合もあります。WordPressプラグインは製作者が違い互換性がないプラグインも存在します。

組み合わせが悪いとエラーが出てしまったりと、トラブルの原因になる事もあるのでプラグインは必要最小限にするようにしましょう。

プラグインの設定

ここからはプラグインの設定について解説していきます。

Autoptimize

チェックを付ける項目だけ画像添付してますので、画像にない部分は何もしなくて大丈夫です。もし画像以外の部分にチェックが入っている場合はチェックを外してください。

Autoptimize、設定、サイト高速化

JavaScriptオプション

  • JavaScriptコード最適化
  • JSファイルを連結
  • インラインJSも連結

Autoptimize、設定、サイト高速化

CSSオプション

  • CSSコード最適化
  • CSSファイルを連結
  • インラインCSSも連結

Autoptimize、設定、サイト高速化

 

HTMLオプション

  • HTMLコードの最適化

Autoptimize、設定、サイト高速化

その他オプション

  • 全部チェック

EWWW Image Optimizer

こちらも設定していきましょう。

EWWW Image Optimizer、設定、サイト高速化 EWWW Image Optimizer、設定、サイト高速化

基本

  • メタデータを削除
  • 遅延読み込み
  • 自動スケーリング
  • WebP変換

WordPressテーマ「AFFINGER6」高速化【まとめ】

AFFINGER6の高速化は簡単に出来ます。

高速化を考えると同時にプラグインの見直しなども同時に起こっていきましょう。

もし、AFFINGER6のような有名なWordPressテーマを使っていない人はこれを機会にWordPressテーマの変更を考えてみてもいいと思います。知名度の高いWordPressテーマは調べれば多数の情報が出てきます。

知名度の低いWordPressテーマの場合は情報を探すだけで非常に時間が掛かってしまいます。記事を書く事以外に無駄に時間使わないように効率よくサイト運営を行っていきましょう。

これ使っとけば間違いない
会長

AFFINGER6 公式サイト

WordPressテーマを見直してみよう

記事を増やしてもアクセスを集めることが出来ます、アクセスはある程度集まってきたけれどアフィリエイトリンクのクリックまで結びつかない。

こういった場合、サイトとして見直せる部分は少なく無料テーマの場合はプラグインで対応していく事になります。

WordPressを使う事でプラグインで手軽に良いデザインのサイトを作ることが出来るのはご存知だと思いますが、プラグインを入れる事でサイトが重くなりGoogleの評価が下がってしまう事があります。その為プラグインの導入は控えてテーマに付属するデザインでサイト運営をする事で、デザイン的にも速度的にも良くなっていきます。

無料のWordpressテーマを使っている人がいれば是非この機会に私のお勧めのWordpressを見ていってください。このサイトは全てAffingerというテーマで作られています。ちなみにデザイン系のプラグインはほぼ導入していません。表示速度もGoogleから合格を頂いています。

WordPressの無料テーマで運営を行い、得られる収益を逃し続けるのであれば、有料テーマを試してみませんか?

大きな利益の前には少しの投資も必要です。

詳しくはコチラ

試してみて

-SEO対策
-