SEO対策

サテライトサイトとは?仕組みと効果的な運用方法を解説

サテライトサイトはSEO対策としても効果がありますが、間違った方法で実施するとペナルティを受ける可能性もあります。企業サイトもサテライトサイト運用していることが増えています。

サテライトサイトは効果は証明されていますが、サテライトサイトを作る為には時間と手間が掛かります。

今回はサテライトサイトの仕組みや、作り方を紹介していきます。

サテライトサイトとは?

衛星

サテライトサイトは、メインサイトに意図的にリンクを送るサブサイトです。地球の周りを巡回する衛星にならって「サテライトサイト」と呼ばれています。

SEO対策としてGoogleの評価の対象となる破リンクは検索順位に大きな影響を与えます。この破リンクを複数意図的にメインサイトに送り検索順にを上げる事がサテライトサイトの一番の目的です。

更に、専門ブログの場合はメインブログを特的にジャンルに特化させ、関連した別の情報は別にブログを立ち上げることでブログの専門性を高める効果もあります。

サテライトサイトの注意点

サテライトサイトは破リンクの為に作成するブログではありますが、ただブログを沢山立ち上げてリンクを貼れば良いわけではありません。

破リンクは自然なリンクであることが重要とされており、不自然なリンクはペナルティを受けてしまうかもしれません。

サテライトサイトもある程度コンテンツが充実させ、定期的にブログを更新する必要があります。そしてリンクを貼る為には、メインサイトと近い内容のブログにする必要があります。

AFFINGER5

企業サイトの正しいサテライトサイトの作り方

企業サイトでもサテライトサイトを使う企業が増えています。

企業サイトのメインサイトは、商品を売る為のサイトです。商品を売ることが目的なので商品販売となるメインサイトの検索順位を上げたい、そのために別にサテライトサイトを作ります。

コーヒー販売を例に解説していきます。

メインサイトに必要なコンテンツ

  • 自社コーヒーに紹介
  • 商品購入フォーム
  • 会社情報

販売のみに特化したメインサイトであれば上記の内容だけでも十分ですが、それだけではSEO対策としては不十分です。そこでサテライトサイトの登場です。自社サイトに関連のある記事を別サイトで作成しメインサイトへとリンクを送ります。

上記画像では4サイトサテライトサイトとして設置しました。各サテライトサイトと関連しているサイトであり、メインサイトへとリンクを送りやすい内容の物を選びます。

関連したキーワードのサイトであればリンクを送っても不自然にならないからです。もし冷蔵庫の比較サイトからメインサイトへリンクを送っても関連性がなく不自然に思われてしまいます。

個人ブログの場合、企業サイトほど明確な専門性がない場合もあります。サテライトサイト作成の前にキーワード選定などを改めて見直す必要が在ります。自信の今のブログが扱っているジャンルが広い場合は分割することを考え、狭い場合は何が関連したキーワードになるかを調べましょう。

サテライトサイトのコツとポイント

サテライトサイトを作成する時に、「破リンクの為」と割り切って作らないことが重要です。

関連した項目でブログを作成するという事は、サテライトサイトのアクセスが増えればそれだけメインサイトへ誘導できるユーザー数を増やすことが出来ます。

何よりも一番大事なのは低品質なコンテンツにならないことです、検索順位を上げたいのにペナルティを受けてしまったは意味がありません。

破リンクは量より質

質の低いサイトから多数のリンクが送られるよりも質の高いサイトからのリンクの方が高い効果が得られます。

特定サイトだけにリンクを貼らない

メインサイトだけリンクを貼らないように注意ししょう、特定のサイトへのみリンクを貼るのは不自然です、関連したサイトがあるのであれば他人のサイトでもリンクを貼るようにしましょう。

競合の順を上げてしまう可能性もあるので、ライバルとなるサイトではなく上手くやりましょう。

まとめ

サテライトサイトに関して解説していきましたが、別のサイトを作りリンクを送り破リンクを得る事ですね。

品質の高いコンテンツは専門性高くなる、というSEO対策の一環でもあります。複数のキーワードを一つのブログで扱うよりも特定のキーワードの集中することで専門性を高めつつ、別にブログを作成して関連付けを行う事で破リンクも充実させていく事が大事です。

関連記事

 

 

AFFINGER5

-SEO対策

© 2021 BLoGre.jp