未分類

炎上中のアツギプロモーション問題は今の日本のネット上での考え方の問題

投稿日:

絶賛炎上中のアツギの自社商品のプロモーションイラスト問題

賛否あります、SNSなどでも賛否ありますが明らかに否定的な意見の方が声が大きく、言葉が強い。マーケティングとしては特定の層を狙ったものと考えるのであれば間違ってはいない気もしますし、そのイラストに惹かれて購入する人も一定層存在するでしょう。

もし特定層を狙ったのであれば、騒いでいるのはそれ以外の層です。自分が望んでいたブランドとは違う、そんなことするなんて失望したと、勝手に裏切られている方々です。性犯罪がー、女性軽視がー、性的搾取がーって言いますが、黒タイツが性的対象になるって結構当たり前のことで割と周知の事実だと思います、別に黒タイツだけに限らず、コート、スカート、ブーツ、髪型、全てにおいて誰かしらはそういう目で見ています。

私も単純にパッケージがアニメ的になった時点で商品を買うのをやめた経験もあるので、気持ちは分かるけど買わないってだけで誰かを叩く必要はないと思うけどね。声が大きい人は自分の意見を主張して誰かに謝罪させないと気がすまない病の人が多い。

結局みんな自分の意見を言いたいだけ、マウント取りたいだけで何も受け入れる気がない

多分興味ないけど、マウント取れそうだから取る習慣やめない?今回も公式が謝罪してそれで終わりでいいとはずなのに、イラストレーターに飛び火して周りに迷惑をかけている人たちがいる。イラストレーターは仕事を受けただけであって、仕事をしただけである。

敵がいなけりゃってB'zも歌ってますからね。手も振るえるよね。結局SNSって自分の主張をする場所ではあるけど一方通行過ぎる人が多すぎる。使い方として間違ってないとは思うけどね。

不特定多数の人に一方通行なのはまだ良いかもしれないけど、特定の誰かに対して一方通行ってめっちゃめんどくさい。日本の政治も同じで誰かを叩いて大事なところに焦点が当たらない。誰が悪い?ではなくて誰の何が悪くて、どうすればいいのか?ってことに持ってかないと何も解決しないはずなのにそうならないから何も解決しない。

なぜこの記事を書いたかというと、マウント取りたいからって分けでもないけど誰かを特定の誰かを猛烈に批判するような内容を見るのは気持ちよくない。

見なければ良いっていうのであれば今回のイラストも見なければ良いと思います。

-未分類

Copyright© blogre.jp , 2020 All Rights Reserved.