未分類

【効率良く賢く学ぶ】プログラミングの言語選びの前に考えるべき事!

更新日:

エンジニアは今では人気の職業でありプログラミングを学ぼうとする人は沢山います。独学で成功した人も沢山いますが、実際は挫折した人の方が多いです。

まず挫折しない為に一番大事なことをここで決めていきましょう。

なぁなぁで始めては確実に続きません、知ってますか?プログラミングは数日で学べるような事で貼りません。

プログラミングを始める前に考えるべき事

目的であり、目標であり、何を作るのか?を考えましょう。何を学ぶかではなく何を作るかです。

プログラミングは作りながら学ぶことが一番成長が早いです。コードの意味、使い方を勉強しても実際使ってみないと無駄な知識です。

何かを作ることはエラーの連続です、プログラマーとはエラーと向き合っている時間が一番長くエラーを解決する力こそがプログラマーの力量そのものです。最初のうちからエラーと向き合い続ける事で綺麗なコードを書くことが出来るようにもなります。

何を作るか考える事が難しい

仕事で何かを作るのであれば考える必要はないことですが、自分が何を作りたいかって実は結構考えるの難しいです。

抑えるべきポイント

ポイント

  • ツールのこだわらない
  • 少人数で完結する物
  • 完璧を求めない
  • デザインはこだわらない
  • 調べてから聞け

ツールにこだわらない

ツールを厳選している時間が勿体ない、初心者が何を使ってもあまり変わりません。コード書くのに便利な機能が沢山あるのは良いですが最初絶対に使いこなせません。

ある程度コードが書けるようなってプログラミング出来るかもと感じてからでもツール選びは遅くありません。ここで無駄に時間をかけないようにしましょう。

お勧め⇒VScode

VScodeが無料で無難で高性能、使っておいて間違いないです。

Webアプリケーションフレームワークのお勧め

今始めるならpython使ってdjangoが割と始めやすいと思います。

現役のプロのメンターから学べるオンラインブートキャンプ

少人数で完結する物

いきなりマッチングサイトを作りたいとか無理です。使う人数が増えればそれだけ複雑になります。

私が初めて作ったのは、友人が職場のシフトの提出、管理をネット上で行いたいと話していたのでシフト提出出来るサイトを作りました。使う人数は50人くらいだそうですが、基本的に同じ操作のみで提出、確認、出力の三通りの操作しか行いません。

最初からハードル上げてしまうと途中で心が折れます。独学だと特に折れやすいです。

完璧を求めない

いきなり完璧を求めない、完璧を求めすぎて途中で書き直したい衝動に駆られたりもしますが強引に続行しましょう。自分の力で完成させることが大事で、完璧である必要はありません。

デザインはこだわらない

途中でデザインにこだわりだすと終わりが見えなくなります。もしデザインにこだわりたければ9割完成後に弄りましょう。

デザインは沼で弄り始めると本来の目的を見失いがちです。

調べてから聞け

考えても分からないことは分かりません。人に聞きましょう。友達がいない人でもTERATAILなどネットで質問する場もあります。

ただ条件があります、調べてから聞け!答えだけを知っても意味がないです、ちゃんと理解できるように自分で調べた上で質問しようね!

プログラミングスクールの無料期間を使う

今在宅の時間が長くなっている人はオンラインプログラミングスクールもオススメです。

オススメ⇒TechAcademy

利点として場所を選ばずにどこでも出来る、プロが細かく教えてくれるので挫折しにくい。

スクールの学習の流れで勉強をしていくこともできるし、自分の作りたい物の作り方や、分からない部分を教えてもらえるので自分でやってみて無理だったら無料期間を利用してプロに分からない部分を聞くこともできるのが良いです。

コードを書いていて、エラーが出て何がダメなのか分からない、分からないから調べられないって結構な頻度で起きます。こういう場合も誰か教えてくれる人がいるとスムーズに解決することが出来るので非常に助かる。多分多くの人はエラーを直せずに挫折していく。

ポイント

・自宅にいながらオンライン完結で勉強できる
・受講生に1人ずつ現役のプロのパーソナルメンターがつく
・チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる
・オリジナルサービスやオリジナルアプリなどの開発までサポート

現役のプロのメンターから学べるオンラインブートキャンプ


-未分類

Copyright© blogre.jp , 2020 All Rights Reserved.