Javascriptを学ぶということ【初心者の第一歩】

   

Javascriptを学ぶとは何をすることなのか?

js(Javascript)を勉強すると言っても初心者の大半はjsがなんなのか理解していません。私も全くわかっていませんでした。
アプリケーションとか動かせるんでしょ?程度の知識しかりませんでした。
最近勉強を始めてjsを勉強するというのは限りなく数学に近いです。
複数の数式を学び、数式の意味や使い方を覚えていきます。これをまとめてjsを学ぶといいます。

複数の要素を学ぶことによりそれを使って一つのアプリケーションを動かすことが出来ます。



多数だから初級がない

要素が多すぎて何から学べばいいのか分からない。
だから最初で躓いていしまう人が沢山います。何からやればいいのか?なんて答えはありません。
簡単なもの、難しいものはありますが、難しいから良く使うのか?と言われれば違います。

一つの要素を覚えることは難しいことではありませんが、一つの要素だけでは部品が一つ存在しているだけです。
複数の要素を使うことにより機能します。

Javascriptで初めにやること

何かを決めることです。

例えば、「ストップウォッチを動かす」とか何かしらも目的を決めいましょう。

この「ストップウォッチ」を動かすためにどのような要素が必要なのか?これを勉強して自分で作ってみること!
これがJavascriptを使えるようになるために一番の近道です。
何かの目的のためのJavascriptを覚えて、更に何か目的を決めて次のことを進めていけば自然とJavascriptが使えるようになります。

Javascriptを使えるようになることを目的にしてしまう人こそ途中で挫折してしまいます。

 - 未分類

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ