検索順位を上げるためにやるべき事がわかる【上げる/下がった】

   

現状把握【キーワード】

自分のブログの検索順位を知っていますか?
知っているとしてどの程度知っていますか?

一つのキーワードの検索上位を取ればいいと言ってもそんな簡単な話ではありません。
「SEO」というキーワードで検索1位と取ったとします。ですが、検索する人は「SEO」だけで検索するのではなく「SEO 対策」「SEO キーワード」など複合キーワードで検索を行います。
つまり「SEO」というキーワードだけで検索上位を取るだけではなく、複数のキーワードで検索上位を取る必要があります。

その為、キーワードを意識して記事を書く時は複数のキーワードをある程度決めた上で書き進めることが良いです。
この時の注意点としては複数ではありますが多数ではないことです。いくつものキーワードを詰め込みすぎるということは内容を分かりにくくしてしまう場合があります。
それは読む側もそうですが、Google側に対してもです。

SEO対策!記事を書く時に常に意識すべきはキーワード

現状把握【検索順位】

今の現状を把握することはとても重要です。
検索順位を確認して、どの記事がどのキーワードの検索に表示され、何番目に表示されているのか、そのキーワードでどの程度の検索流入が見込めるのかを知ることがまず第一歩です。

把握することは大きくは3つ

  • そのキーワードの検索数
  • どのキーワードで検索されているか
  • キーワードで検索した時の順位

キーワードの検索数

まず狙ったキーワードがどの程度の検索数があるのか、これは一番重要です。
検索上位と取ったとしても、そのキーワードが月100件の検索しかなければ一位を取ってもアクセス数が大きく伸びることはありません。

月間検索数が10万以上と多い場合は検索一位を取らなくても1ページ目に表示されていればある程度検索流入は狙えます。
ですが、月間検索数が1000程度の場合は一位を取っても最大1000アクセスです。

キーワードを選ぶ際にある程度の確認はしておきましょう。
月間検索数の詳細は↓の記事でどうぞ。

SEO対策!記事を書く時に常に意識すべきはキーワード

どのキーワードで検索されているか

これを知るのに最適なのがGoogle Search Consoleです。
ブログをすでに始めている人であれば登録していると思いますが、サーチコンソールで検索クリエを調べます。

この時表示する項目を選択することが出来ますが、「表示回数」「掲載順位」この3つを表示してみましょう。
クリエと言うのは左側に表示されているキーワードのことを指します。

このクリエが自分のブログ内の記事が表示されている「検索キーワード」です。

キーワードを確認することは大事です。
合わせて他の有益な情報を確認していきましょう。

表示回数

表示回数から読み取ることが出来る情報は記事をリライトする際などにとても大事です。
表示回数が多いにも関わらず、クリック数が少ないのであればそのキーワードで検索されている記事をリライトすればアクセスアップに繋がる可能性はかなり高いです。
逆に表示回数が少ない場合、元の検索数が少ないのか、検索順位がかなり下で検索されていても表示されていない、ということです。

掲載順位

掲載順位を見る際は要注意

これは一日だけ検索一位に表示されそれ以外が圏外だった場合でも検索一位と表示されます。
この点を良く注意しましょう。

クリック数と表示回数は掲載順位とある程度連動しています。
あまりに掲載順位が低いのあれば、あきらめることも大事です。ある程度見込みのあるものから手を付けていくことが結果を徐々に出していきます。
一つの記事のアクセスが上がれば、それ以外の記事にもアクセスが流れたり、直帰率が下がったりしてブログ全体のアクセスアップにも繋がります。
その時に再度掲載順位を確認して考えていきましょう。

キーワードで検索した時の順位

この順位はサーチコンソールでも管理することは出来なくはないですが、一つ一つの項目が完全に別のページになっていたりと確認のためとしては使いにくいですね。
何よりも検索クリエ以外のキーワードでの検索順位を調べることは出来ません。

そこで登場するのが検索順位チェックツールです。

このツールは無料版と有料版があり、機能としては殆ど同じですが登録できるキーワードの数が違います。
無料版ではキーワード登録数が20件、有料版は500件~です。

検索順位チェックツール

こんな感じで、検索順位を日時で追いかけることが出来ます。
グラフで表示されるため、順位がどう上がっていったのかを簡単に管理できます。

検索順位チェックツールのお勧めの使い方【リライト】

検索順位に登録するキーワードはサーチコンソールからダウンロードしましょう。
あとは自分で検索上位を取りたいと思うものを登録します。

ここの検索順位が11~19の記事をリライトしていきます。前提として、月間検索数がある程度見込めることが条件です。
簡単に理由を説明すると、検索結果の1ページ目と2ページ目では検索流入が大きく違うからです。

2ページ目に表示されているキーワードを1ページ目に持っていき、いずれは検索上位に表示させるためにリライトしていきます。
そんなこと当然だろう!と思うかもしれませんが、これは月間検索数と、検索順位を知ることが出来て初めてリライトすべき記事を見つけることが出来ます。

私は年間約5000円のベーシックプランを使っています。これだと500件まで登録可能です。
無料版を使っていましたが、あるきっかけで有料版に移行しました理由は下記に書いてあるよ。

ここで更に書いておくなら、ベーシックに登録しても500件全てをサーチコンソールのクリエを入れないこと!
全てを入れてしまうと、どれが表示回数が多いのか分からなくなってしまいます。
ある程度の表示回数があるものだけを登録しましょう。

悩んだ、

検索順位関係なくPV数が落ちた経験から学んだ

検索順位に変動はないのに、PV数が半分程度に落ち込みました。

何が原因なのか自分なりに考えてみました。
まず3月にGoogleでアルゴリズムの大きな変更があり、記事に対しての評価が大きく変わっています。
この影響を受けたと思っていたんですが、検索順位は変動ありませんでした。
若干の変動はありましたが、それはこの変動関係なくある程度のふり幅の中で動いているだけで許容範囲でした。

では、何故PV数が一気に減少したのか?

仮説でしかありませんが、やはり検索順位の変動が一番の原因でしょう。
先ほどと言っていることが矛盾しているように思われるかもしれませんが、検索順位が原因です。

普段私は検索順位チェックツールGRCを使用して検索順位を見ています。
グーグルアナリティクスでも見ることは出来ますが、分かりずらいため、検索順位チェックツールGRCを使っています。
ちなみに無料プランで使っているため20個のキーワードでしか結果が表示されません。憶測ではありますがこれが落とし穴でした。

今までは一つのワードで検索上位で表示されれば、それ以外の複数のキーワードでも上位表示されていたんだと思います。

例えば、「検索順位」というキーワードで検索1位に表示されている場合、「検索順位 SEO」「検索順位 対策」などでも1位とまでは行かなくても上位に表示されていました。
「検索順位」で1位で表示されるということは、「検索順位 ○○」というキーワードで上位に表示される、されやすいはずです。
これがここ最近のGoogleの検索表示結果が変更になったため、改められたんではないかと考えています。複数のキーワードで上位に表示されていたというのも憶測に過ぎませんがそれも検索順位を調べていなかったから本当のことは分かりません。だからこそ不明確な部分でもあります。

つまり、ツールを使って検索順位を調べてるキーワード以外の検索順位が下がったため、PV数の減少に繋がったのではないかと言うのが私の考えです。

今まで検索順位を調べていなかったキーワードなので、正しいかどうかは実際わからないところもありますが、多分これでしょう!

アクセスを戻すためのやった対策

検索順位を今まで通りに戻るようにリライトすれば良い!
先ほども書いたように、「検索順位 ○○」での順位が落ちているのであれば、○○に対しての対策を行うのが当然一番効果があるはず!

ただどうやって○○のキーワードを探すかが問題でしたが、検索順位チェックツールGRCで解決できます。
今までの結果は分かりませんが、これから○○のキーワードに対して対応をしていくのであればもっと沢山の情報を取り入れる必要がありました。
やるなら早い方が良いです、この件があってから自分は導入しましたがもっと早くから導入していればアクセスが落ちた理由を明確に把握できたかもしれません。
今更いっても遅いですが、今からでも導入は遅くないです。入れとければ検索順位を上げる助けになり問題があった時の原因追及にも役に立ちます。

 

 - ブログSEO

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ