自動ペナルティを解除するため!受けない確証はありますか?もう受けているかも……

   

ペナルティ改善ではない!まず原因追及!

前回の記事でも書きましたが、アクセス数が急降下し絶望へと導かれとりあえず何が原因なのかを探して探しまくりました。

ペナルティを受けて困っている人にはこれを見て見事復活を遂げられてら嬉しいです。
自分は大丈夫だと思っているあなた!
ペナルティはいつ自分に起きるかも分かりません、全員が予備軍であり、受けない為に普段から注意すべきことを知っておきましょう!マジで!
経験者は語るぜ!

もしかしたらアクセスが伸びない人はすでにペナルティを受けている可能性すらあります。
知っておいて確実に損はないです!損しない為に知っておきましょう。

自動ペナルティ

まず私の場合は、受けていたとしても自動ペナルティです。
手動ペナルティの場合は通知が来るようなので、来なかったので自動ペナルティですね。

何故「受けていたとしても」なのかと言うと通知が来たわけでもなく、検索順位が一気に下がったため、多分自動ペナルティを受けていると自分で判断しました。
これに関しては正確な答えは分かりません、Google先生に聞くことも出来ませんからね。

本当に手動ペナルティではないか?

Google Search Console⇒検索トラフィック⇒手動による対策
ここに何も表示されていなければ、手動ペナルティではありません!

手動ペナルティ

自動ペナルティなのか?確認すべし

Google検索で自分のブログURLで検索してみましょう。
自動ペナルティが掛かっていないければ自分のブログのトップが一番上に表示されるはずです。

自分だとこんな感じに表示されれば、「たぶん」自動ペナルティを受けていません。
ここで一番上に自分のページではなく、自分のページへのリンクなどを張っているサイトが一番上になっていればほぼ確実に自動ペナルティです。

ペナルティの原因を確認

これが結構大変でした。
原因がどこにあるのかまったくわからなかったため、何から手を付けていいのか?

最初に注意です!まずブログ自体にはむやみに手を付けないようにしましょう。
原因が全く分からないのに、色々と弄ってしまうと更に何が原因なのかわからなくなってしまいます。

まずチェックすべきはGoogle Search Consoleです。
大体の人は登録しているでしょう。これで登録していない人は申し訳ないですがブラウザバックですね。

Google Search Consoleの重要項目

Google Search Consoleで調べようと言っても沢山の項目があり、まずどこを確認して何をすればいいのか?
まず一つ一つを確認して順番を追って進めていきましょう。

先に言っておきますが、何が原因で自動ペナルティになるかはガイドラインに反した場合です。
ですが、ガイドライン自体が曖昧で明確な基準がないためどこで違反をしたのか分かりません。タイミングも不明です。
違反をしたから次の日からペナルティが掛かるのかと言うとそういうわけではないようです。ある程度時間が立ってからペナルティが発動するのか、すぐになのかもわからない為、今現状のブログの状態を一つ一つ確認する必要があります。

サイトへのリンク

被リンクを確認していきます。
被リンクは多ければそれだけ自分のブログの評価を上げてくれますが、悪質なサイトにリンクを張られるとそれだけでページの評価は落ちます。
悪質リンクがないのかまず確認してみましょう。

サイトへのリンク⇒最新リンクのダウンロード
ここで自分のサイトへのリンクをダウンロードしましょう。

次に外部のサイトを利用します。
akakurage.jpがお勧めです。
登録が必要ですが、悪質リンクを見分ける場合は非常に使えます。

悪質サイトを探す場合重要なことは2個あります!

  • 英語のサイト
  • アダルトサイト

この二つは要注意です!

英語でブログを書いている人は別ですが、英語のサイトからリンクを受けるような内容を書いていない人はリンク断りましょう。
アダルトサイト、これはもう言うまでもなく悪質リンクとして見られてしまいます。
実は自分のサイトもアダルトサイトからのリンクを受けていたっぽです。ページ自体は削除されていましたが、URLにR-18などが含まれていたので多分アダルトサイトだったんだと思います。

リンクの否認方法

サイトに直接連絡を取りリンクを削除し貰うように依頼するのが一番良いですが、悪質サイトの場合は連絡先を書いていないことが多いです。
そういった時の対処方法です。ここでもGoogle Search Consoleを使用します。否認リンクページへ行きリンクをブロックしたいサイトのtxtファイルをアップロードしましょう。

アップロードしてもすぐには反映されない為、ある程度待つことになります。
なのでここを終えたら次に進みましょう!

ブロックされたリソース

ブロックされたリソースとはGooglebotがサイトを巡回する際にrobot.txtの影響でブロックされた場合に表示されます。
これは自分のページに張り付けた画像だったり、リンク先にブロックされていたりします。
例えば、Youtubeの動画を張り付けたけどもリンク先でブロックされたため、ブロックされたリソースに表示されているって感じです。

この表示すごい怖いです。
正しくインデックス登録されないということは良くない評価を受ける可能性もあります。

改善する方法はこの「ブロックされたリソース」に表示されているURLによって異なりますが、問題を解決できないのであれば一度この問題となっているページを削除してみるのも手です。
一つのページが原因でGoogleからの評価を下げているのであればすぐにでも削除すべきです。

クロールエラー

404エラーを除くその他のエラーが発生しているのであれば、すぐに対処するようにしましょう!

HTTPコード一覧

謎なエラーコードが出ているようであれば上記サイトで内容を確認しましょう。

HTMLの改善

メタデートとは検索結果が表示されているページのタイトルの下に記述されている文章のことを指します。
これは自分で設定することも出来ますが、多くの場合は自動で設定されます。その設定を見直すか、自分のページがどういう表示になっているか確認してみましょう。

タイトルタグとは単純にタイトルのことです。
長い、短いなどは対処は簡単ですが、重複している場合は要注意!
重複している理由としてコピーサイトの存在を疑いましょう!コピーサイトとは自分の書いた文章だったりページがそのまま使用されていることです。

もしも、自分のサイトがオリジナルなのに、コピーサイトの方が検索順位が上にあったらGooglebotはどう考えるでしょうか?
検索順位が下のサイトがコピーサイトだ!と考えるはずです。そういった理由でペナルティを受ける可能性もあります。

自分の場合は一番PV数の多いページの、3行目くらいまでをコピーし検索をかけてみました。
なんと!見事にコピーサイトが存在しました。自分のページはペナルティを受けているためかかなり下の表示されていましたが、コピーが一番上でした。
確認したところ、タイトルとメタデータは同じでしたがクリックしたリンク先は通販サイトでした。

これが原因でペナルティを受けた可能性が高いです!

著作権侵害による削除依頼

上記ページから削除依頼をすることが出来ます。
もし見つけたら対処しましょう!

ペナルティ解除はサイトの向上に繋がる

ペナルティを解除してもらうために行うことは、結果的にサイトの評価を向上させます。
つまり解除のためにやったことは無駄にはなりません!解除できればね!

ペナルティにも種類があるようで、30日だったり90日だったりと期間が決まっているものもあれば、すぐに解除されるものもあるようです。
これもGoogleが正式に提示しているわけではないので、実際よくわかりません。いろんなサイトを参考にしましたが書いてあることはサイトにより違ったり、年によって違ったりしています。

ペナルティを克服した!

私はペナルティを克服した!

いきなりアクセス数が戻りました。
色々と試行錯誤していたため、何が原因だったのか分かりませんが、20日弱くらいで戻りました。

一日1000pvくらいあったサイトがいきなり100pv程度に下がりましたが無事に元の位置に戻ってきています。
この画像の時点では完全には戻っていませんが、今現状では戻ってかつ少しPV数が増えています。多分色々と改善したからその分評価が上がったのかもしれません。

 - ブログSEO

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ