ブログは店で、記事は商品 メニューを作ってPV増加に繋げよう

   

メニューはみんなに優しい

メニューがあった方が直帰率が下がり、ユーザーにもグーグルにも優しいサイトを作ることが出来ます。

メニューを作るうえでの記事の書き方も考えましょう。
記事を書く時に皆さんは何を意識して書いていますか?

SEO的に重要とされている項目に「文字数」と言うものがあります。
文字数とは確かに重要ですが、結局何が大事なのかと言うと文字数よりも内容です。
少ない文字では濃い内容の文章を書くことは出来ません。

文字数は当然大事ではありますが、記事を書く際に「一つの項目」を意識して書くようにしましょう。
あまり多くの内容を詰め込んでしまうと、書きたい内容が薄まってしまいます。

「一つの項目」を繋げたものがメニューになります。
メニューを作成する際に、一つの記事に複数の内容が詰まっていると使うのが難しくなります。

複数の項目をまとめるのではなく、複数の記事に分けて書くようにしましょう。
もしそれで文字数がどうしても気になってしまう人は、その項目をもっと深堀しましょう。
最低ラインとしては1記事で1000文字です。
参考までにブログの直帰率を下げ、リピーターを作る有効な方法【SEO】この記事は1500文字くらいで出来ています。

少し解説するのであれば、
「直帰率を下げる私なりの方法」これが大前提に置いた項目です。
これを深堀すると、その方法が何故いいのか?と言う部分で深堀しました。

この記事も一緒にしてしまえばいいじゃん!
と思うかもしれませんが、前回の記事は紹介であり、もしそれに興味を持ってくれた人がここに来てくれているんでしょう。
いやいや、率直に言ってしまえばその方が直帰率が下がるでしょ!ってことです!



肉料理とサラダ

メニューを作る際にもう一点気にした方が良いことがあります。
一言にメニューと言っても、メニューの中には肉料理だったりサラダなど様々な項目があります。
更にサラダは商品ではなく、メニューです。そのメニューの中にシーザーサラダだったり、トマトサラダが存在します。

ブログ、SEO、SEO対策、メニュー、直帰率、アクセス、アフィリエイト

ブログ、SEO、SEO対策、メニュー、直帰率、アクセス、アフィリエイト

SEOテンプレート【賢威】

こんな感じですね。
一つのブログの中にいくつかのメニューを作るようにしましょう。
一つの大きなメニューに多くの記事がありすぎると分かりにくくなってしまいます。

一つの項目の特化したブログでなくても同じです。
例えば、旅行、音楽、ドライブ、など色々な内容の記事がある場合は一つ一つをメニューにまとめることにより見に来たユーザーも自分が見たい記事を見つけやすくなります。

メニューを作成すれば、各個別の記事にメニューへのリンクを張ることにより、分かりやすく同線を作ることが出来ます。
記事を読み⇒メニュー⇒読みたい記事へ
この流れを作ることが出来ます。

 

 - ブログSEO

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ