私がゲームを趣味にすることを避けている理由

   

ゲームは楽しい、ただ得るものがない。
簡単に言えば私がゲームを趣味にしない理由です。

ただこれは思っているから言っているわけではなく、実体験です。
現に私は2年ほどネトゲにはまり、2年でプレイ時間が365日を超えるほど時間を費やしていました。
ですが、特に後に残るものはありませんでした。

趣味と言えば何を思い浮かべますか?
ドライブ、登山、映画鑑賞、ショッピング、イラスト、歌、楽器、ブログ、数え始めればきりがありません。
趣味とは自分が楽しめるものであれば何でも良いと思います、ただ何かしら得るものがあるのであればそれに越したことはないと思っています。

続けていれば月日と共に上達していくこと、それが楽しみでもあると思います。
ゲームを趣味にしない理由はここにもあります。上達してもそれはそのゲームの中だけの話です。

ゲームを批判しているように聞こえるかも知れませんがそうではありません。
逆です、ゲームは面白すぎて始めてしまえば抜け出せなくなってしまうことが怖い、だからこそゲームは趣味にしない!
私はそう思っています。

例えば、私がゲームに費やした365日を、楽器の練習に費やしたとしていたら今どれほど上達しているのかと思ってしまうのです。
だからこそこんなことを書きました。

 - 生活活性化

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ