2016年Amazon売上ランキング 「本」 自己啓発本が人気

   

2016年度のAmazon売上ランキング 「本」

2016年の売上ランキング大賞が発表されました。
ではとりあえず、実際に売上ランキングを見てみましょう。

嫌われる勇気、お勧め本、自己啓発本、Amazon売上ランキング2016、Amazon売上ランキング、売上ランキング、お勧め本、お勧め、amazon

嫌われる勇気、お勧め本、自己啓発本、Amazon売上ランキング2016、Amazon売上ランキング、売上ランキング、お勧め本、お勧め、amazon

 

嫌われる勇気、お勧め本、自己啓発本、Amazon売上ランキング2016、Amazon売上ランキング、売上ランキング、お勧め本、お勧め、amazon

 

 

嫌われる勇気
嫌われる勇気、お勧め本、自己啓発本、Amazon売上ランキング2016、Amazon売上ランキング、売上ランキング、お勧め本、お勧め、amazon

この作品は2013年に出版されてから常に高い評価を得ています。
2015年度のランキングでも3位にランクインしています。

Amazonでは1500件以上のレビューがあり、結構高評価です。
私もこの本を読みました。
タイトルを見た時には、「相手に嫌われても自分を貫け」みたいな内容かと思って購入しました。
内容としては、自分の存在を評価するのは自分ではなく、嫌われているのは自分でも、嫌っているのは相手である。
相手の解釈により自分と言う存在が変化する。みたいな感じです。
良い意味で我を持つことに自信を持てる作品だと思います、とても面白い話で良く考えれば当たり前のことを言っているのに普段思いつかないような内容でした。
この作品の人気が衰えないのは今の日本人に即しているからなのかな、なんて思って至りもします。

おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本
嫌われる勇気、お勧め本、自己啓発本、Amazon売上ランキング2016、Amazon売上ランキング、売上ランキング、お勧め本、お勧め、amazon

絵本がランクイン、著者が心理学者というちょっと変わった作品。

心理学・言語学研究者の著者が、「子どもがなぜ寝たくない気持ちになるのか」を徹底的に考慮。
自然に眠くなるよう「ここを強調して読み、ここであくびするように」などの細やかな指示が入っています。
従来のいわゆる「おやすみ絵本」とは違ったコンセプトで、理論にもとづきお子さんをリラックスさせます。

子供を寝かしつけるための絵本です。私も誰かに読んでもらえれば効果を時間してレビューでも書いてみたいものですが、ちょっとどうだか。
Amazonレビューを見る限りだとかなり効果があるみたいです。
お子様へのプレゼントとして如何ですか?

君の名は  原作小説
嫌われる勇気、お勧め本、自己啓発本、Amazon売上ランキング2016、Amazon売上ランキング、売上ランキング、お勧め本、お勧め、amazon

説明は不要かと思いますが、2016年に大ヒットした、いや大ヒット中の作品 「君の名は」の原作小説です。
映画を見た人も、これから見ようと思っている人も一度読んでみてはどうでしょうか。

ここ最近では一番2016年のランキングらしい作品だと思います。

嫌われる勇気、お勧め本、自己啓発本、Amazon売上ランキング2016、Amazon売上ランキング、売上ランキング、お勧め本、お勧め、amazonTOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

嫌われる勇気、お勧め本、自己啓発本、Amazon売上ランキング2016、Amazon売上ランキング、売上ランキング、お勧め本、お勧め、amazon天才

嫌われる勇気、お勧め本、自己啓発本、Amazon売上ランキング2016、Amazon売上ランキング、売上ランキング、お勧め本、お勧め、amazonMEKURU VOL.07 (小泉今日子)

 

2015年「本」売上ランキングを振り返ってみる

説明不要、松岡修造の自己啓発本。
本と言うと少し違いますが、自分で見るにも良し、プレゼントにも人気だったようです。2015年の3位にも「嫌われる勇気」がラインクインしています。
ランキング全てを見てもらえればわかると思いますが自己啓発本が多くランクインしていますね。

自己啓発(じこけいはつ)とは、自己をより高い段階へ上昇させようとすることである。

「より高い能力」、「より大きい成功」、「より充実した生き方」、「より優れた人格」などの獲得を目指す。

この中でも技術、知識ではなく、人格的に高い段階へと上昇させるよな自己啓発本が売り上げを伸ばしています。
Toeicの問題集なども売れており、本から何か新しいことを学ぶという習慣はなくなっていませんね。

だれかの声ではなく、自分の頭でその分を読み上げることが何を身に着けることに繋がる、これが私が本が好きな理由です。

読みたい本が一冊でもあれば嬉しいです。

Amazon2016年度売上ランキング

 - Amazon

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ