信号機の緑は何故青と呼ばれるのか

   

信号機、青信号、赤信号、黄信号、

信号機の青

信号機は赤、黄、青と法令で来て待っています。

ですが、実際の信号機の色は、赤、黄、緑ですね。誰もが一度は疑問に思ったことはあるんではないでしょうか。

1930年(昭和5年)に信号機が実装されその当時は法令には赤、黄、緑と示されていました。

ちなみに青信号は英語では green lightと言います。

この緑信号を、青信号と呼ぶのは日本だで海外では緑と普通に呼ばれています。

1947年に法令でも「青信号」に変更した。

この1930年から1947年の間に、緑信号から青信号へと呼び名が変わったですね。

緑信号ではなく、青信号に変った理由

実はこれは決定的なものはありません。

いくつかその説があるので紹介します。

日本では緑を青って呼ぶでしょ

青信号と呼ばれている理由ですが、これは日本特有のもので、日本では緑入りの物を青と呼ぶ習慣があります。

  • 青りんご
  • 青菜
  • 青虫
  • 青々

これらは実際に青くはありません、緑色の物に対して青と読んでいます。
青とは、緑、青、紫などを含めた色の総称として使われていたことろがあります、その名残として緑も青として呼ばれているのだと思います。
青と緑の境目が曖昧だったこともその理由です。

色の三原色

これも一説です。

色の三原色とは

人類の目においては、原色は三つの色の組み合わせであることが多い。たとえばテレビモニターや照明などで、異なる色の光を重ねて新たな色を作る加法混合の三原色は、通常赤・緑・青の三色である。また、絵具を混ぜたりカラー印刷で色インクを併置するときに行われる減法混合の場合の三原色は、シアン・マゼンタ・イエロー(黄色)の三色である。

このシアン(緑っぽい青)・マゼンタ(赤紫)・イエロー(黄色)から色を取り、信号機の色とした。

つまり緑に見ているけども、緑っぽい青だった。なので青と呼ばれているという説もあります。

 

 - 未分類

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ