科学的に証明「脳トレ」は無意味?

   

パズル、脳トレ

脳トレはゲートレだった

研究では、これまでに発表された130以上の“脳トレ”の効果を証明したとされる学術論文を、7人の学者が手分けをして2年がかりで詳細にレビューした結果が報告されている。その結果は“証拠不十分”だ。これら“脳トレ”ゲームが脳の認知機能を向上させていると主張するには根拠が薄弱すぎるということである。

今現在でも人気のある脳トレですが、正式に脳のトレーニングには効果が薄いという結果が発表されました。

検証の結果、脳トレを普段から行っている人の方が、ゲーム慣れているから良い結果が出る。結果ゲームは上手くなるが脳のトレーニングになっているからは証拠不十分。

確実に言えるのは、ゲームスキルは向上です、目が悪くなる、この二点は確実だと思います。

今現在脳トレにお金をかけている人はすぐにやめたほうが良いでしょう。

会社によっては脳トレの効果の売り文句に、記憶力の低下や認知症、アルツハイマー病の予防に効くことをはじめ、学校、会社、スポーツでの最大限のパフォーマンスを発揮でき、PSTDやADHDなどを防ぐ効果があると大々的にアピールしていたが、科学的な根拠がないことが証明され、賠償金を支払った会社も出てきている。

 

 - 未分類

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ